看護師が異動したい!【※効果的な異動希望の出し方】

看護師が異動したい!【※効果的な異動希望の出し方】

看護師が異動したい!【※効果的な異動希望の出し方】

 

看護師の異動の悩みには、異動辞令を出されたことで異動したくない!という悩みもあれば、
逆に、今の部署から早く異動したい!!と異動を希望している看護師もいることでしょう。

 

看護師,異動したい,異動希望

 

では、実際に看護師が異動したいと異動を望むのはどのような理由からなのでしょうか?

 

ここでは、

 

  • 看護師の異動したいと異動を希望する理由
  • 角が立たない異動希望の出し方

 

この2点について押させておきましょう。

 

実際に別の部署へ異動したいと願っている方は、目を通してみてくださいね。

 

看護師が異動したいと希望する理由

 

看護師が異動を希望するのには次のような理由があります。

 

  • 今の部署でのストレスが大きいためにもう少しゆとりのある部署へ異動したい

  • ずっと同じ部署での仕事を続けてきたために、仕事がマンネリ化してきてつまらなくなってきているので他に行きたい

  • 私生活の変化に応じて夜勤のないスタイルに変更したい

  • できるだけ早く経験したい科があるので異動したい

  • この先も今と同じ部署で働き続けていける自信がない

 

 

また、あなたが新人看護師であれば

 

  • 配属された科が自分の希望していた科ではないため異動したい

  • 仕事についていくことができていないので、自分に合ったところへ異動したい

  • 人間関係が悪い環境からできるだけ早く離れたい

 

こうした様々な理由から看護師は異動したいと異動を希望することがよくあります。

 

あなたの場合は、どのような理由から異動したいと願っているのでしょう?

 

 

看護師の異動希望は通らない?

 

でも、実際には異動したいと思いながらも、
異動希望を言い出せずに悩んでいるという方も多いいのではないでしょうか?

 

異動したいと相談をしてみたところで、
単なるワガママで自分勝手と捉えられたらどうしよう…、
本当に異動希望が通るのだろうか?
と心配になってしまって何もできないこともあるかもしれません。

 

確かに、看護師が異動希望を出したところで、
ほとんどの場合は、すぐには異動させてもらえないということの方が多いです。

 

それもそのはず、職場の全体的なマンパワーのバランスもあるので、
一個人の希望を叶えられるほど現実は甘くはありません。

 

異動させるにしても、1年先なんてこともよくあります。

 

看護師の中で異動したい気持ちが強い場合にはどうすればいいのでしょう?

 

 

 

効果的な異動希望の出し方

 

日頃から異動をしたいという気持ちをアピールしておく

 

普段から○科で働きたいということや、
○○の看護に携わりたいと思っているということを周りを含め、
上司にアピールしておくというのもおいい方法もいいでしょう。

 

予め自分がアピールしておくことで、病院側の異動時期やタイミングによって、
「そういえばあの子はあんな事を言っていた」
「○○さんが○科で働きたいと言っていたわ」
というように思い出してくれることもありますし、
本当にあなたが異動したいと望むなら真剣に相談をすれば、
「以前から興味があったものね。」と理解を示してくれることもあるでしょう。

 

 

異動時期やタイミングを見計らって伝える

 

病院によって異動がしやすい時期やタイミングがあるでしょう。

 

一番多いのは、3月や4月から新しい部署へ異動というケースが多いですが、
病院によっては、4月に新卒が入職してくるので時期をずらしているというようなところもあります。

 

自分が働いている病院の異動しやすい時期に異動願いを告げることというのも一つの手段です。

 

タイミングさえあえば、異動できるというチャンスがあるのに逃さないようにしておきましょう。

 

また、経験の浅い新人看護師であれば、
自分の病院の異動時期なんて分からないかもしれませんが、
周りの同期に聞いてみたり、信頼できる先輩から教えてもらうということもいいかもしれませんね。

 

 

異動希望を伝える時は前向きな気持ちをアピール

 

異動希望を出す場合には、
ネガティブな場合の異動であってもできるだけ
前向きな気持ちで異動アピールをする方がいいでしょう。

 

今働いている部署に不満がある場合には、今の仕事を真剣にしていないのでは?
と思われたり、対人関係がうまく築けていないタイプであるとレッテルを張られてしまうようなこともあります。

 

もちろん、人によっては人間関係などで悩み苦しんでいたり、
仕事が合わないといったような事情もあると思います。

 

本当に悩んでいるなら打ち明けてみるのもいいと思いますが、
最後にはできるだけポジティブな思いも伝えるようにしましょう。

 

今も必死で働いているけれど、〇○科で働ければもっと自分は頑張れる、
〇〇での看護を学べるなら仕事をずっと続けていきたいといったように
できるだけポジティブな思いも合わせて伝えるのがポイントですよ。

 

 

異動理由をまとめてタイミングを見計らい、
できるだけ前向きな思いをアピールするというこの点を守って異動希望を出してみてくださいね。

 

 

それでも、異動が叶わないのであれば、
自分の希望しているような働き方ができる新たな環境へ転職するという最終手段もあるのですから、
後悔することのないようにできるだけのことをやってみてくださいね。

 

 

転職サイトを使って〇〇科で働ける求人を探してみる

 

看護師,異動したい,異動希望

関連ページ

異動を拒否したい
行きたくない部署への異動で、看護師が異動したくないケースは多々あります。実際に異動辞令が出ても、看護師は異動拒否をできるのか?異動拒否したい時に知っておきたい解決策について確認しておきましょう。
異動のストレス
看護師が異動後に受けるストレスって?看護師は異動によるストレスで辞めてしまうこともよくあります。異動後すぐは忙しくなりがちで、自分の心と身体に目を向ける余裕はなかなかないので気を付ける必要がありますよ。
異動か退職するか…
看護師が異動か退職するべきか…人生の別れ道で迷った時の選択の仕方についてまとめています。どちらの選択もメリット・デメリットはありますが、自分の気持ちに素直に従うことが長続きさせる秘訣です。

給料の悩み 辞めたい 退職交渉のポイント 異動の悩み 中堅看護師の悩み 転職サイトの仕組み