病院の赤字経営でボーナスカット!看護師が辞めたくなる訳

病院の赤字経営でボーナスカット!看護師が辞めたくなる訳

病院の赤字経営でボーナスカット!看護師が辞めたくなる訳

 

最近ボーナス減ってない?

 

働いている病院がどうも赤字が続いているようだ…

 

病院が赤字経営に陥っているところは、全国で見ても少なくありません。

 

看護師,赤字病院,ボーナスカット

 

最近でも、大阪市内にある病院で、給料未払い問題がありましたね。

 

以前から危ない、危ないとウワサはされている病院ではありましたが、
職員の給料が払われていないというのは驚きでしたね。

 

こうしたことに自分自身が巻き込まれてしまわない為にも、
日頃から自分の働く病院の経営状態については理解しておきたいものです。

 

ここでは、

 

  • 病院が赤字経営になる理由
  • 看護師のボーナスカットによる退職の問題
  • 病院経営が安定している病院の選び方
  •  

    について見ていくことにします。

     

    最近、なんだか病院の経営が不安定で心配という方はチェックしておきましょう。

     

     

    病院が赤字経営になってしまう理由

     

    では、一体どうして病院が赤字経営に陥ってしまうのでしょうか?

     

    病院が赤字経営になってしまう理由には、個々の病院で理由も異なりますが、
    よくあるのが常勤医師がいないため患者が集まらない…というようなところでは問題は深刻です。

     

    多くの病院では、常勤医師が不足しているために、
    診療科によっては大学病院の医局から非常勤医師が来てなんとか診療が成り立っているというようなところもあります。

     

    一人でも常勤医師がいなくなってしまえば、
    次の医師が見つからず苦労している病院は少なくありません。

     

    医師がいなければ診察ができないですから、
    場合によっては診療科を閉鎖したり、病棟を閉鎖せざる負えなくなってしまうところもあるのです。

     

    最近では、地方の田舎の病院だけに限らず、
    都会の病院でも常勤医師が辞めてしまったことで経営難に陥っているというところも見られます。

     

     

    また、病院によっては新病院の建設や、
    最新の医療機器の導入によって一時的に赤字になっているというようなところもあります。

     

    こういったところでは、あとあと、回収できるという見込みの上で動いていることが多いのですが、
    うまくいかない場合はそのまま赤字状態が続き、将来にわたって負担していくというような状態になってしまうこともあるのです。

     

    もちろん、この他にも様々な理由が重なって赤字状態になっているはずですが、
    一度、赤字になってしまうと黒字に転換するためには
    働く職員がボーナスカットなどで身を削らなければいけない自体になってしまいます。

     

    看護師,赤字病院,ボーナスカット

     

     

    看護師のボーナスカットも行われる!生まれる収入格差

     

    赤字経営が続く病院では、経費を削減するために、
    備品の節約やコスト削減を求められたり、
    入院や救急の患者数を増やすための努力を現場にも求められることもありますが、
    それ以上に看護師に大きく直結することがボーナスカットの問題です。

     

    ボーナスは、病院の経営によって大きく左右されるところではあるので、
    大幅に赤字になってしまえばボーナスも寸志しか出ないというようなところも実際にあります。

     

    看護師の仕事は重労働でボーナスがあるからこそ
    頑張れていたという看護師にとっては、
    モチベーションに大きく影響を与えてしまいますよね。

     

    ボーナスがこれまでよりも一カ月、2カ月分もカットされてしまえば、
    誰だってやる気がなくなってしまいます。

     

    ボーナスだけならまだ我慢ができていたとしても、
    最悪の場合、基本給や手当のカットをされてしまうこともあります。

     

    また、病院の経営状態を少しでも良くするために、
    これまで無料だった病院の職員用の駐車場の有料化に踏み切るようなところも出てきています。

     

     

    こうしたボーナスのカット、そのほかのカットや駐車場の有料化など、この先何年も続けば、
    大幅な収入格差となってしまいますし、いつになったら黒字に転換できるのかというのは誰にも分からにため不安はつきません。

     

     

    病院の赤字経営が続けば、誰もが本当にこのままで大丈夫なんだろうか?と、
    思うことになるでしょう。

     

     

    可能であれば、できるだけ早く病院経営が安定しているところへ
    移って働く方が今後のためと言えるでしょう。

     

    もちろん、今の仕事にやりがいを感じていて、
    思い入れが強い職場であれば働き続けていくということも選択肢の一つではありますが、
    将来を考えて不安定な病院に居続けるよりも安定したいという方は
    転職も視野に入れておいた方が良さそうです。

     

     

    経営状態が安定している病院を探すには?

     

    看護師の転職サイトを通すことで、
    コンサルタントからどこの病院が経営状態が安定しているのかということまで教えてもらえます。

     

    なかなか看護師だけの横のつながりだけで病院の経営状態について把握することは難しくはありますが、
    病院事情に精通しているコンサルタントからなら情報を効率的にもらうことが可能です。

     

    転職において、残業時間や年間休日といったことを気にする看護師さんは大勢いますが、
    実は忘れがちなのがこの病院の経営の問題です。

     

    看護師,赤字病院,ボーナスカット

     

    病院の経営が安定しているところをコンサルタントから教えてもらったり、
    3年くらい前までさかのぼってボーナスの状況について教えてもらうと見極められやすくなります。

     

    少し手間ではありますが、将来長く働くうえでも重要なことになってくるので、
    忘れずに確認しておきたいところですね。

     

     

    給料アップなどの条件交渉に強い転職サイトをまとめてみました

    関連ページ

    給料は上がらない!?
    看護師の給料はある一定の時期から上がらなくなるって知っていますか?新卒の時点では看護師の給料は高めに設定されていても、いずれ上がらなくなってくるのです。給料を上げるための解決策。
    夜勤なしは給料が下がる
    夜勤のない日勤だけで働きたいけれど、給料は下げたくない!!そんな欲張りな看護師のために、給料アップも実現できる日勤常勤の【3大高給与の職場】についてまとめています。日勤でも給料アップさせたい看護師は要チェック。
    ボーナス特集
    看護師なら知っておきたいボーナスについて。看護師の夏・冬のボーナスの相場や支給月・査定期間について。転職時の求人の賞与実績の注意点。賞与をもらって賢く辞める方法などまとめています。
    お金の為に働く
    看護師はお金の為だけに働くのはいけないの?と、お金の為だけに働くことに疑問を感じている人は、自分の本音に気づくチャンスでもあるのですよ。
    看護師の給料が割りに合わない!【※安い場合の対処法】
    看護師がせっかくて転職をしたけれど給料が割りに合っていない!と感じてしまうのはどんな理由から?給料が割りに合わなくて安いと感じてしまうなら、この先、1年、2年と長い目で働き続けられるかどうかをまずは考えてみてください。
    お金が貯まらない
    看護師だけどお金がない!給料が入れば、服やカバン、化粧品、エステ、海外旅行…とすぐに使っていませんか?浪費癖がある看護師でもできる【やさしいお金の貯め方】について解説しています。
    楽に稼ぎたいなら?
    看護師が楽に稼ぎたいならどんな職場で働くのがいいのでしょうか?日勤常勤の病棟は忙しくて逆にしんどい!?美容外科クリニックなら楽に高収入が手に入れられる。日勤だけでも年収600万円越え!
    看護師の退職金がない!?【※退職金の相場や制度について】
    長く働き続けてきたけど、「退職金がない!」と気づく看護師さんも多いのでは!?退職金制度がない医療機関で働き続けることで、後になって大きな収入格差になってしまいます。退職金の相場や制度についてチェックしておきましょう。

    給料の悩み 辞めたい 退職交渉のポイント 異動の悩み 中堅看護師の悩み 転職サイトの仕組み