看護師の退職金がない!?【※退職金の相場や制度について】

看護師の退職金がない!?【※退職金の相場や制度について】

看護師の退職金がない!?【※退職金の相場や制度について】

 

もうそろそろ今の職場も働き続けて、
3年経っているしそろそろ退職金もらって退職しようかな?

 

もう5年以上も看護師として同じ職場で働いているんだから、
そろそろ退職金も結構もらえるころじゃないかな?

 

そんな風に考えて、そろそろ転職をしようと思ったら、
退職金出ないの!?退職金がもらえないの!?」という事実に直面することがあります。

 

看護師,退職金,ない,相場

 

今回は、退職金制度についての正しい知識と、
退職金の相場についてお伝えしていきますね。

 

 

退職金はどこの病院でももられるわけではありません

 

退職金制度は、
法律によって医療機関側から必ず支払わなければいけないものと決まっているものではありません。

 

独自に医療機関側が福利厚生の一環として、退職金制度を設けているだけであって、
退職金制度がある病院とない病院が存在するだけです。

 

退職金は当たり前にもらえると思っていた人にとっては、
退職金が全くなかたったらショックは大きいかもしれませんね。

 

そのまま働き続けていても、最終的には退職金がもらえないのですから、
できるだけ早く転職をして退職金制度のある医療機関に移ることが賢明です。

 

 

ちなみに、どのように自分の職場の退職金制度について調べるかは、
医療機関が独自に定める「就業規則」で確認ができるようになっていますよ。

 

自分の働いているところではどうなんだろう?と疑問に思った方は、
一度調べてみるといいかもしれませんね。

 

退職金制度の相場について

 

同じ職場で看護師として働き続けた場合、どれくらいの退職金をもらえるのでしょうか?

 

看護師の勤続年数に応じた退職金の相場

 

 

  • 看護師5年目未満

      約10万~100万円

  •  

  • 看護師5年~10年目

      約100万~300万円

  •  

  • 看護師10年~20年目

      約300万~700万円

  •  

  • 看護師20年~30年目

      約700万~1000万円

  •  

  • 看護師35年目以上

      約1000万円以上

  •  

     

    働く医療機関によって、大きく差はあるものの平均すると上記のような額になってきます。

     

    退職金が多くもらえる医療機関としては、有料老人ホームや、
    国公立病院や企業立病院、また、民間病院の中でも規模の大きい医療法人などでは、
    しっかりとした退職金制度を設けているところが多くなっています。

     

    特に、国公立病院ダントツでもらえると言われており、
    勤続35年以上で4000万円にもなるところもあるほどです。

     

    一方、規模の小さい個人病院やクリニックなどでは、
    退職金制度を設けていないところも多くなっています。

     

    退職金制度を運用していけるような
    比較的規模も大きく安定しているところを選ぶことが重要となってくるでしょう。

     

    看護師,退職金,ない,相場

     

     

    退職金の計算方法

     

    看護師さんの中には、自分の職場に退職金制度があった場合、
    どれくらい働けばいくらもらえるのか知りたいという方もいますよね。

     

    その場合は、働いている医療機関の就業規則を見てみると、その計算方法も記載されています。

     

    ◆基本給×勤続年数
    単純に基本給を勤続年数でかけているところ

     

    ◆固定給×勤続年数
    雇用主が定めている固定額に勤続年数をかけたもの

     

    ◆勤続年数で退職金が決まっている
    雇用主が金属年数に応じて退職金はいくらかときっちり決めている

     

    ◆基本給×勤続年数+功績
    基本給に働いた金属年数を掛け、
    さらに功績1・5倍といったようにどれだけ貢献したかを評価しているところもあります。

     

    就業規則の計算方法をチェックしたうえで、
    計算してみると自分がもらえる退職金がいくらくらいになるのか調べられますよ。

     

    退職金制度の有無によって大きく収入が変わってくる

     

    転職をする時には、どうしても目前の給料ばかりが気になってしまうのは当然です。

     

    月給はいくらでボーナスはどれくらいか、
    そして、だいたいの年収はどれくらいになるのかということは意識することはあっても、
    退職金についてあまり目をむけることはないですよね。

     

    でも、本当に長く働き続けていきたいと思っているのであれば、
    退職金制度があるかないかにもしっかり目を向ける必要があるでしょう。

     

    実際に、数百万~数千万円の違うに後々なってくることもあるので、
    大きな差となってしまいます。

     

    目先の利益にとらわれるのではなくて、
    長い目でどういった職場を選ぶべきかということを考えてみてくださいね。

     

     

    転職先の退職金制度について調べるべき

     

    転職先の退職金制度の有無や、退職金の計算方法について詳しく知りたいけれど、
    実際には求人などには掲載がないというところも多いです。

     

    入職するための面接でいきなり退職金について聞くことも抵抗があることでしょう。

     

    そんな時、看護師の転職サイトを利用することで、
    コンサルタントからこれらの情報を教えてもらうことができますよ。

     

    看護師,退職金,ない,相場

     

    退職金の有無と計算方法をしっかり調べて、将来設計をしてみてくださいね。

     

    給料アップなどの条件交渉に強い転職サイトをまとめてみました

    関連ページ

    給料は上がらない!?
    看護師の給料はある一定の時期から上がらなくなるって知っていますか?新卒の時点では看護師の給料は高めに設定されていても、いずれ上がらなくなってくるのです。給料を上げるための解決策。
    夜勤なしは給料が下がる
    夜勤のない日勤だけで働きたいけれど、給料は下げたくない!!そんな欲張りな看護師のために、給料アップも実現できる日勤常勤の【3大高給与の職場】についてまとめています。日勤でも給料アップさせたい看護師は要チェック。
    ボーナス特集
    看護師なら知っておきたいボーナスについて。看護師の夏・冬のボーナスの相場や支給月・査定期間について。転職時の求人の賞与実績の注意点。賞与をもらって賢く辞める方法などまとめています。
    お金の為に働く
    看護師はお金の為だけに働くのはいけないの?と、お金の為だけに働くことに疑問を感じている人は、自分の本音に気づくチャンスでもあるのですよ。
    看護師の給料が割りに合わない!【※安い場合の対処法】
    看護師がせっかくて転職をしたけれど給料が割りに合っていない!と感じてしまうのはどんな理由から?給料が割りに合わなくて安いと感じてしまうなら、この先、1年、2年と長い目で働き続けられるかどうかをまずは考えてみてください。
    お金が貯まらない
    看護師だけどお金がない!給料が入れば、服やカバン、化粧品、エステ、海外旅行…とすぐに使っていませんか?浪費癖がある看護師でもできる【やさしいお金の貯め方】について解説しています。
    楽に稼ぎたいなら?
    看護師が楽に稼ぎたいならどんな職場で働くのがいいのでしょうか?日勤常勤の病棟は忙しくて逆にしんどい!?美容外科クリニックなら楽に高収入が手に入れられる。日勤だけでも年収600万円越え!
    病院の赤字経営でボーナスカット!看護師が辞めたくなる訳
    病院の経営が赤字状態に陥っている所は少なくありません。経営が悪くてボーナスカットされれば、辞めたくなってしまって当然でもあります。経営が安定している病院の選び方と見極め方。

    給料の悩み 辞めたい 退職交渉のポイント 異動の悩み 中堅看護師の悩み 転職サイトの仕組み