看護師の激務っぷり!激務で辞めたくなって当然かも!?

看護師の激務っぷり!激務で辞めたくなって当然かも!?

看護師の激務っぷり!激務で辞めたくなって当然かも!?

 

一般的に激務な仕事といえば、商社や証券会社、保険会社の営業、銀行、システムエンジニア…
などと言われていますが、
よく激務ランキングな職種の中でもランクインしてくることの多い看護師の仕事も例外ではありません。

 

看護師,激務,辞めたい

 

ランキング一位までとはいかないまでも、
数ある職種の中で10位以内に入っているということを目にすることもあるのではないでしょうか?

 

実際に看護師が激務である理由とはどういうところからなのでしょうか?

 

看護師が激務である理由

 

看護師が激務であるという理由の一つには、夜勤があるからと言えることでしょう。

 

女性の多い仕事で夜勤もある仕事はあまり他ではありません。

 

通常寝ている時間に働かなければいけない看護師は、
体力的にもきつくなることから激務だと感じてしまうことも多いでしょう。

 

 

看護師の離職率は一般企業よりも高い傾向にある

 

看護師は一般の企業で働く人よりも転職をする傾向にあります。

 

もちろん、それはひとえに病院の看護師不足が原因であるとも取れますが、
人材不足であるからこそ、職場環境が悪いということの裏返しでもあります。

 

そのため、短期間のうちに転職を繰り返す人も少なくはなく、
よりよい環境を求めて転職をしていく人は非常に多いです。

 

そして、人気の病院に人材が集中してしまうことで、
職場環境が悪い病院ではさらに状況が悪化してしまうようなところも少なくありません。

 

 

実際に看護師が激務だと感じるのはどいういうところ?

 

では、実際に看護師が激務だと感じるところはどのようなところからなのでしょうか?

 

そもそも、激務の意味には、「激しく忙しい努め」という意味がありますが、
激務といっても人によって感じ方というのはそれぞれ違うものです。

 

では実際に看護師が激務と感じるところはどのようなところなのでしょう?

 

看護師10人に「あなたが激務だと感じる理由はどんなところか?」という質問に答えて頂きました。

 

 

◆毎日のように長時間の残業があるにも関わらず、2時間程度しか残業代を付けさせてもらえない現場で働いている(急性期 循環器科 27歳 女性)

 

◆病欠をしようにも代わりになるスタッフがいない為に、体調不良で休みたくても休めない現実がある(急性期 内科 25歳 女性)

 

◆新人看護師の指導に徹しても、覚えたころには辞めていくことがほとんどである(急性期 外科 34歳 女性)

 

◆看護師の人数が少ないために、連休が取れなかったり、有給の消化もほとんどできていない(外科・内科混合病棟 37歳 女性) 

 

◆医師それぞれの性格に合わせた対応をしなければならず、精神的にストレスがたまる(オペ室 27歳 女性)

 

◆年々患者や患者家族からの要望が大きくなったり、場合によってはモンスター化してしまうことがある(リハビリ 37歳 男性)

 

◆患者による暴力行為もあるため身の危険を感じることもある(精神科 31歳 男性)

 

◆年々体力が衰えていくにつれて、不規則な夜勤や患者の体交やトランスファーが苦痛に感じてしまう(療養病棟 45歳 女性)

 

◆業務が忙しいうえに、休みの日にも頻繁に病棟勉強会、研修などが頻繁に行われて休む暇もない(消化器内科 24歳 女性)

 

◆年々認知症の患者が増えているために、夜間徘徊なども多く夜勤が忙しくなりやすい(リハビリ 33歳 女性)

 

このように、人によって激務だと感じる理由も異なってきます。

 

あなたが激務だと感じる理由とはどのようなところからでしょうか?

 

 

看護師が激務と感じるとモチベーションは低下する

 

こうした激務な現場で働いている看護師は、
働き続ければ続けるほどに働く意欲(=モチベーション)が低下していきやすいです。

 

このまま働き続けていても職場環境に改善が見られない場合には、
看護師が疲弊してしまったり、場合によっては体調を壊してしまうこともあるので注意が必要です。

 

この先を考えてもこのまま働き続けることが考えられないという思いが強くなれば、
最終的には「辞める」という決断をしてしまうことがあるのも当然と言えば当然かもしれません。

 

 

激務で辞めるなら、何が辛いのかを明確にしよう

 

看護師が転職をする場合、
ほとんどのケースが今よりもっと良い環境を求めての転職になることでしょう。

 

何かしら激務で辞めたいという理由が現場にあるのであれば、
何があなたにとって辛いのかということを明確にする必要があります。

 

看護師,激務,辞めたい

 

その上で、まずは今の職場で改善することはできないか考えてみて、
異動などによっても解決することができないなら職場環境を変えてみましょう。

 

個々の病院によって看護師の働く環境は全く異なります。

 

今は看護師の転職サイトを使って転職すれば、
ある程度の職場の内部情報を事前に知ることも可能です。

 

全ての希望を叶える職場を見つけることは難しいかもしれませんが、
これだけは自分にとって外せないという条件を、
3つ程度に絞って探してみると自分に合ったところが見つかると思いますよ。

 

給料アップなどの条件交渉に強い転職サイトをまとめてみました

 

看護師,激務,辞めたい

関連ページ

看護師がサービス残業で辞めるっていけないこと?
看護師がサービス残業があるから辞めてもいいのか?転職のキッカケにもなる看護師のサービス残業の実態と、残業代が出る病院と出ない病院の差、ブラック病院を選ばない方法についてまとめています。
看護師の「キャパオーバー状態」から抜け出す方法【※辞めるべき?】
看護師が過重業務による仕事の忙しさから、キャパオーバー状態になってしまう人も少なくありません。キャパオーバー状態だと感じたら、早めに対処して抜け出すことが大切ですよ。あなたは最近キャパオーバー状態になっていませんか?
看護師が「やりがいがない・・・」から辞めたい時はどうする?
経験の浅い新人看護師であっても、経験のある中堅看護師であっても、仕事にやりがいを感じられない…という時もあります。仕事にやりがいを感じられない理由や、やりがいを感じない時の次のステップについて。
看護業務以外のことが多すぎ!
研修、勉強会、委員会、会議…看護業務以外のことが多すぎるあまりに、患者さんへの看護がおろそかになっていると感じてる看護師は多いです。本来の看護業務に専念して働きたいという人はどうすればいいの?
地元に帰りたい
辞めて地元へ帰りたい・・・と悩んでいるなら、まずは、あなたにとっての地元に帰るメリット・デメリットを考えてみるようにしましょう!

給料の悩み 辞めたい 退職交渉のポイント 異動の悩み 中堅看護師の悩み 転職サイトの仕組み