看護師がサービス残業があるから辞めるっていけないこと?

看護師がサービス残業で辞めるっていけないこと?

看護師がサービス残業があるから辞めるっていけないこと?

 

いまだに医療業界では、
サービス残業は当たり前になっている病院も多いです。

 

看護師,サービス残業,辞める

 

残業が付けていいのは、緊急入院があった時や患者さんの急変があった時だけで、
それ以外ではほとんどの場合で付けさせてもらえないというような病院もいまだにあるのが残念なところでもあります。

 

看護師が高給と言われるものの、
実際の現場ではサービス残業がまかり通ってしまっているので、
長時間働いているのにほとんんど残業を付けさせてもらえないので、
正当な労働対価を受け取っていないと思っている看護師も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、

 

  • 看護師のサービス残業の実態
  • 残業代の考え方
  • サービス残業でどれくらい損するのか?
  • ブラック病院を選ばない方法

 

この点について解説していきます。

 

 

自分の病院では、残業代を付けさせてもらえていない、
サービス残業が当たり前になっている!と思う方はお目通しくださいね。

 

看護師のサービス残業の実態

 

特に、あなたが新人看護師であれば、2年目以上の先輩看護師は残業を付けているのに、
新人看護師はまだ何もできないからという理由で、
付けてはいけないというような暗黙なルールがあるような病院もあります。

 

経験の浅い看護師は記録の要領もつかめていないですから、
業務が終わったとしても記録に時間がかかって20時や21時にもなってしまうこともあります。

 

新人看護師なら、これは看護師の世界では当たり前なの!?と疑問に思うこともあるかもしれませんね。

 

また、最近では一般企業を経験してきた社会人看護師も増えていることから、
この異常な看護師の世界に驚くこともあるかもしれません。

 

新人看護師は、仕事上でできることが少ないとはいえ、
残業をすれば本来は残業代を支払わらなければいけないのですが、
病院の経営状の問題や、昔からの風潮でこうした事態がまかり通ってしまっている病院もあるのが現実です。

 

 

また、即戦力となる中堅看護師にいたっても、
通常業務とともに新人への指導などで負担は大きいにも関わらず、
残業代もほとんど付けられないというようなところもあります。

 

 

残業代がきちんと出る病院ではこれだけ得をする!

 

基本的に残業代とは、8時間を超える時間外の労働をすれば、
25%UP、22時以降~次の日の朝5時までのの深夜残業であればさらに25%UP給料があがるのです。

 

これが、休日出勤になれば35%UPするのです。

 

これは、どう計算すればいいかというと、常勤で月給制の場合は、
各種手当を除いた基本給を稼働日で割り、時給に変換したものから考える必要があります。

 

例えば、もろもろ時給換算した場合に仮に、時給1600円だとすれば、
時間外労働で残業代の時給が2000円、さらに深夜残業ともなれば時給2400円となるのです。

 

これだけもらえるものがあるのに、
残業代が出ない病院で働いていることによって実質損をしているということになってしまいます。

 

看護師,サービス残業,辞める

 

 

残業代を支払わない病院では違法労働をさせられているのと同じ

 

実際に残業代が出ない病院は、違法ではあるのですが、
残業代は基本給や年俸の中に含まれるというような言い方で言い逃れしているような病院もあります。

 

病院によっては、経営上の問題からできるだけ看護師の人件費を安く抑えたいというところもあり、
看護師が泣き寝入り状態となってしまっているようなところもあるのです。

 

違法労働をさせられていても、結局、何の罰則も受けない病院で働き続けるということは、
本来もらえる給料がもらえないのでそれだけ損をしてしまっていることになるのです。

 

サービス残業の体質があまりにもひどいという事は、働き続ければ続けるほど、
まともに残業代を付けられている病院と比べれば、この差が開いていきますから、
できるだけ早く、残業代がしっかり出る病院を探す必要がありますよ。

 

残業代が出ないということが辞める理由、転職のきっかけになってもいいのです。

 

 

病院は残業代は出ませんとは言いません

 

でも、こうしたブラックな病院では、
面接時には残業代を出していないという事なんて言いません。

 

看護師不足な病院であればあるほど、
面接でいいことばかり言う傾向があるのでうやむやにしてしまい、
看護師が入職してから初めて実態を知るというようなこともあります。

 

残業代を出していないということが分かれば、看護師はそもそもその病院を選ばないですよね。

 

では、一体どうやってその判断を看護師がすればいいのか!?ということになるかと思いますが、
そんな時は看護師の転職サイトを利用して頂きたいと思っています。

 

 

転職サイトでは、コンサルタントが事前に調べて残業代がしっかり出る病院、
医療機関を紹介してくれます。

 

看護師の転職実績も多いところを利用すれば、
転職した看護師からのリアルな情報も転職サイトに集まってきますから、
こうしたブラック病院かどうかということはすぐに分かります。

 

私も、元転職コンサルタントとして長年働いてきたのでよくわかりますが、
このリアルな情報をお伝えすることがコンサルの役割だと考えていました。

 

 

看護師の中には転職サイトを利用すれば、
強引に紹介されたところに転職させられるというような思いを持っていることも真実です。

 

それは、一部の悪徳な転職サイトがそのような強引な紹介をしていたという実態があるからで、
同じ転職サイトの人間としてそのような話を聞くたびに嫌な思いもしてきました。

 

 

でも、数ある転職サイトの中からきちんと選んで「優良である」と国に認められているところをきちんと選んでおけば、
利用するメリットの方が大きいので価値は十分にありますよ。

 

 

安心して利用できる看護師の転職サイトをまとめてみました

 

看護師,サービス残業,辞める

関連ページ

激務で辞めたくなって当然?
長時間労働、サービス残業、指導しても辞めていく新人、モンスターペイシェント…。看護師が激務で辞めたくなるのも当然かもしれません。実際に看護師が激務だと感じる理由と、激務で辞めたい場合の転職の仕方についてまとめてみました。
看護師の「キャパオーバー状態」から抜け出す方法【※辞めるべき?】
看護師が過重業務による仕事の忙しさから、キャパオーバー状態になってしまう人も少なくありません。キャパオーバー状態だと感じたら、早めに対処して抜け出すことが大切ですよ。あなたは最近キャパオーバー状態になっていませんか?
看護師が「やりがいがない・・・」から辞めたい時はどうする?
経験の浅い新人看護師であっても、経験のある中堅看護師であっても、仕事にやりがいを感じられない…という時もあります。仕事にやりがいを感じられない理由や、やりがいを感じない時の次のステップについて。
看護業務以外のことが多すぎ!
研修、勉強会、委員会、会議…看護業務以外のことが多すぎるあまりに、患者さんへの看護がおろそかになっていると感じてる看護師は多いです。本来の看護業務に専念して働きたいという人はどうすればいいの?
地元に帰りたい
辞めて地元へ帰りたい・・・と悩んでいるなら、まずは、あなたにとっての地元に帰るメリット・デメリットを考えてみるようにしましょう!

給料の悩み 辞めたい 退職交渉のポイント 異動の悩み 中堅看護師の悩み 転職サイトの仕組み