看護師がオペ室を辞めたい!【※悩みを深堀りして解決!】

看護師がオペ室を辞めたい!【※悩みを深堀りして解決!】

看護師がオペ室を辞めたい!【※悩みを深掘りして解決!】

オペ室で働いているけれどもう辞めたい・・・

 

突然オペ室に異動させられて、分からないことだらけ・・・

 

オペ室で働いていると潰しがきかない・・・

 

オペ室で働く看護師は、様々な悩みを抱えながら働いている場合が多いのですが、
今回はそんなオペ室の看護師が辞めたい!
と思う理由について、悩みを深掘りしていきたいと思います。

 

看護師,オペ室,辞めたい

 

オペ室で働いているけれど最近なんだかやる気が出ない…、
辞めたいという思いが毎日のように出てくる…というような人は目を通してみてくださいね。

 

 

オペ室の看護師が辞めたい理由って?

 

患者さんとの関係が淡泊

 

オペ室での看護師は、
オペの前に少し患者さんと会話をして安心してもらったり、オ
ペ後に容態を確認したりといった時でしかほとんどコミュニケーションを取ることがありません。

 

どちらかというと、オペ室の看護師は、
一緒に働くチーム、医師や麻酔科医、看護師、
または、外来や病棟の看護師に状態を申し送ったりする場合に話すことの方が多いです。

 

病棟経験が長い中堅看護師にとっては、
患者さんとの関係は淡泊なために物足りなさを感じてしまうこともあるかもしれません。

 

解決するには?

 

患者さんとの関係が濃いのはやはり病棟です。

 

我慢できることであれば、次に異動ができる機会を待つべきだと思いますが、
どうしても淡泊なオペ室の仕事が辛いなら、異動ができないか相談してみましょう。

 

看護師はやりがいを持って働き続けられる場所の方が、
自分が納得できているからこそ忙しくても長く働き続けていきやすいです。

 

オペ室での経験は自分の本当の思いが分かったという意味では、
決して無駄になることはありません。

 

 

病棟看護を学べない

 

オペ室で働く看護師は、病棟看護を学ぶことができません。

 

医師の指示のもとに機械出しをしたり、
あるいは、
処置介助を行ったりというように動くことあっても病棟とは全く仕事の種類が異なります。

 

オペ室の後に、外科系の病棟であれば、
オペ後の患者さんの状態や処置などで分かることはあっても、基
本的な清拭、介助、採血、注射といった病棟で当たり前のように
看護師なら学べることがオペ室勤務では学ぶことができないのです。

 

新卒の頃から配属がオペ室であった場合には、
できるだけ早く病棟看護が学びたいと思うのは当然です。

 

オペ室でしか経験がなければ、
その後もずっと病棟で働けないまま終わってしまう可能性もあります。

 

オペ室での看護師スキルが活かせないという意味ではなく、
今後、どこに行っても通用するものを身に付けるのであればどこかの時点で病棟経験は必要になってくるはずです。

 

解決するには?

 

病棟看護を学べないことに焦りを感じているのであれば、
できるだけ早く異動をできないか看護師師長に相談してみましょう。

 

今後のためにも病棟で働きたいということを伝えて、
異動ができるのか、あるいは、
異動ができるのであれば時期はどれくらいの時期に異動が可能か把握しておく必要があります。

 

もし、異動ができなかったり、異動できたとしても半年、
1年先といったあまりにも長期間異動ができないのであれば、転職することも必要となってくるはずです。

 

 

給料が下がって生活が苦しい

 

これは突然の異動などでオペ室勤務になってしまった看護師に多いのですが、
オペ室に配属になったことで給料が下がってしまう看護師も多いです。

 

オペ室の待機手当やオンコール手当などがある場合でも、
病棟の夜勤手当ほどの額にはなりません。

 

そのため、給料が4、5万円ダウンしてしまうことも容易にあるのです。

 

カレンダー通りで働けたり、病棟のように不規則にならないで済むという利点はあっても、
希望せずにオペ室になってしまうと辞めたいと思ってしまうようですね。

 

解決するには?

 

実際に生活が苦しいということを師長に相談してみましょう。

 

人によっては住宅ローンを組んでいたり、
子供を自分の力で養っているというシングルマザーもいることでしょう。

 

現実的に厳しいのであれば、師長に話して病棟に戻してもらうということが先決です。

 

ただ、実際にはすぐの異動ができないこともあるので、その場合は転職するほかありません。

 

あなたがある程度の経験があるなら、
給料アップのを希望しての転職も可能です。

 

看護師は最初の給料設定は高くても、
それ以降なかなか昇給がほとんどないところも多いです。

 

ある程度、転職によって給料アップしていくことでしか方法はないので、
せっかく転職するなら給料アップを目指してみましょう。

 

 

休みの日のオンコールが嫌で辞めたい

 

病院によって異なりますが、オペ室では休みの日にはオンコール体制を取っているところもあるでしょう。

 

休みの日なのに携帯を肌身離さず持ち歩き、呼び出しがあれば駆けつけなければいけないということもあるので、
慣れていない看護師にとては休まる暇がなくてしんどいと感じてしまうことがあるのです。

 

解決するには?

 

今の働く病院でオンコールを外してもらうという交渉はできるかもしれませんが、
小さい子供がいるなどの余程な事情がない限り認めてもらうのは難しいでしょう。

 

あなたがオペ室での仕事を続けていきたいという気持ちがあるなら、
オンコールの体制を取っていない病院もあるので選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

この他にもオペ室を辞めたい理由は、様々なものがあるでしょう。

 

オペ室以外にやりたいことが他にあるというようなポジティブな気持ちがあったり、
あるいは、オペ室で働くことで悩むことの方が多いというのであれば、
自分自身が納得できる方法で次のステップへ踏み出してみてもいいかもしれませんね。

 

 

看護師,オペ室,辞めたい

 

 

オペ室以外の求人を転職サイトを使って探してみる

関連ページ

急性期を辞めたい!
看護師が急性期を辞めたい!と思った時に、具体的に悩みを深堀りして解決できる方法についてお伝えしていきます。あなたが急性期を辞めたいと思う理由はどんなところからなのでしょうか?
回復期を辞めたい!
看護師が回復期を辞めたい理由ってどんなことからでしょうか?回復期を辞める理由について深堀りしていき、自分のやりたいことを見つけていきましょう。辞めたい思いが頭を駆け巡っているあなたへ。
精神科を辞めたい!
精神科看護を長く続けると自分も心を病んでしまう?精神科で働く看護師が辞めたい!と悩むのは、どんな理由からでしょうか?精神科を辞めたい悩みを深堀りして解決策を探ります。
ICUを辞めたい!
ICUで働く看護師が辞めたい理由とは?ICUで働く看護師の悩みを深堀りして解決策を提案していいます。精神的プレッシャーや、閉塞感を感じやすいICUで働く看護師は相当なストレスを抱えています。
大学病院を辞めたい!
看護スキルが向上しない?激務で疲弊してしまう?大学病院の看護師が辞めてしまう理由について探ってみました。辞めたい思いが続いているなら、激務で身体を壊してしまう前の早めの対処が肝心ですよ。
NICUを辞めたい!
NICUでの看護師の仕事を辞めたいと思う理由ってどんなことなのでしょう?新人で配属されると成人看護を学べなくて潰しがきかない?大雑把な看護師には辛い環境?悩みを深掘りして解決していきます。
脳神経外科を辞めたい
看護師が脳外を辞めたい理由には、患者の介助が力仕事でキツイ、急変対応のスピードについていけない、患者とのコミュニケーションが取りづらいといった様々な理由があります。脳外を辞めたいなら、他科を希望する看護師が多くなります。
循環器内科を辞めたい
循環器内科の看護師は忙しい!?看護師の花形でもある循環器内科を辞めたいという理由について見ていきましょう。元転職コンサルタントが看護師の辞めたい悩みを深掘りして解決していきます。
透析看護を辞めたい!
透析室や透析クリニックへ転職をした看護師は、意外と早くに見切りを付けて辞めてしまう人もいます。向き不向きがはっきり出ると言われる透析看護を辞めたい理由とは?すぐに辞めたくなったらどうすればいい?
看護師が小児科を辞めたい!
小児科で働く看護師が辞めたくなってしまう理由とはどんなものがあるのでしょう?小児科を辞める看護師は辞める理由がはっきりとしている人が多いのですが、その後の方向性が定まっていないという方が大半です。
訪問看護を辞めたい!
訪問看護の働き方が向いてない、所長との考え方の違い、利用者やスタッフ間の人間関係、給料の問題…。あなたはどんな理由で訪問看護を辞めたいのでしょうか?悩みを1つ1つ解決していきましょう。
病棟看護師を辞めたい・・・【※そろそろ病棟以外へ転職する?】
病棟看護師を辞めたい・・・、もう病棟勤務は疲れた・・・と思ったら、そろそろ病棟以外へ転職する時期なのでしょうか?病棟を辞めたい理由や、病棟を辞めたい看護師に1番人気の職場はどこ?

給料の悩み 辞めたい 退職交渉のポイント 異動の悩み 中堅看護師の悩み 転職サイトの仕組み